OMCの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】高松のサラ金などの貸金業者に対して,法律上必要となる返済額以上の返済をしてしまう問題を「OMCの過払いの問題」といいます。
「法律で必要となる返済を超える返済」という点が分かりにくいかもしれませんが,これまで,貸金業者の多くが,法律に違反した金利での貸し付けを行っていたことが,OMCの過払い発生の原因となります。
つまり,法律上は認められない高金利で返済を受け,何年も返済を受けていると,法律上の借金がマイナスとなって現れるのです。
貸金業者を規制する法律には,利息制限法と出資法の2つがあり,その2つの法律の規定を守る必要があります。
しかし,貸金業者の多くは,これまで,罰則規定のない利息制限法には違反し,出資法だけは守るということをしてきました。
そのため,利息制限法の年率15%〜20%を上回り,当時の出資法の年率29.2%以下の金利が設定されていました。
この利息制限法に違反し,出資法は守られている金利のことを「グレーゾーン金利」といいます。
法律上,利息制限法に違反した金利による返済分は,元金の返済に充当されます。 そして,何年も返済を続けていると,借金の残高がマイナスとなってしまう,OMCの過払いの状態になってしまうことになります。


お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

【コラム】
OMCの過払いの返還請求をあきらめてしまう方の中に,「古い取引のため,契約書などが何も残っていない」という点が理由になっていることがあります。
しかし,貸金業者に払い過ぎたお金を取り戻すにあたり,過去の取引を証明する書類は「絶対に必要になるもの」というわけではありません。
もちろん,キャッシングに利用していたローンカードや契約書,返済したときの明細書などがある方が望ましいと言えます。
しかし,そのような書類がまったくないからといって,OMCの過払いの返還請求ができなくなることにはなりません。
高松の貸金業者に対し,払い過ぎたお金を取り戻す手続きは,(1)取引履歴の開示請求,(2)引直計算,(3)返還請求,という3つの流れになります。
貸金業者の名称や大よその取引き時期が分かれば,その情報を元に,取引履歴の開示請求をすることができます。
取引履歴には,契約時から最後の返済時までの,すべての借入・返済の記録が記載されています。
したがって,その書類を元に,いくら返済しすぎたのかを調べるための「引直計算」をすることができます。
そして,引直計算の結果を元に,OMCの過払いの返還請求をします。
このように,OMCの過払いの返還請求をする場合に,書類の不備があったとしても,大きな問題にはならない点に注意するようにしてください。